老人ホームの費用を払えない!どうすればいい?

スポンサーリンク

「在宅での介護はもうムリ!」

「老人ホームに入れたいけど、お金がない・・・」

親世帯は貯金も、年金の支給額も少ない。

自分たち家族の生活もあるから、老人ホーム入所のために多額のお金を用意するのは難しい。

こんなお悩みを抱えておられる方は、多くいます。

 

そんな方に朗報があります。

親の貯金がわずかしかなく、年金の受給額が少ない場合、居住費や食費が軽減してもらえる施設があるのです。

 

その施設とは、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設です。

これらの施設は、介護保険を利用して入所できるので、もともと負担額は少ないです。

ですが、それでも支払いが苦しいという方はいます。

 

そんな方のために、特定入所者介護サービス費という制度があります。

これは実際の負担額と、所得によって決められる負担限度額の差額分を、市区町村が支払ってくれる制度です。

 

貯金がなく、低所得の人でも施設に入所できるように、このような制度があります。

お金に困って、施設入所をためらている方には、大きな助けとなってくれるでしょう。

 

そこで今回は、特定入所者介護サービス費では、具体的にどのくらい負担額が軽減されるのか、そして、受給するには、どのような条件があるのか解説していきます。

 

スポンサーリンク


特定入所者介護サービス費ってなに?どのくらい軽減される?

まずは、特定入所者介護サービス費によって、どの程度負担額が軽減されるのか解説していきます。

ここでは、特別養護老人ホームを例にとってご説明していきます。

 

特別養護老人ホームは介護保険が適応される施設ですので、有料老人ホームなどと比べると、格安で入ることができます。

しかし、それでも居住費や食費、さまざまな介護サービス加算を含めると、1か月に10万円前後の費用がかかります。

 

これに、特定入所者介護サービス費が適応されると、

もっとも大きく軽減される人で、多床室(大部屋のこと)を利用すると、居住費は無料となります。

また、食費は1日300円で提供してもらえるようになります。

これにさまざまな介護サービス加算を足しても、月に3〜4万円程度の負担になると考えられます。

もちろん、介護サービス加算や日常生活にかかるお金がかさめば、もう少し必要な金額はかかりますが、これだけ軽減してもらえるのは、大きいでしょう。

 

ちなみに、軽減される額は、利用者負担段階の表によって判定できます。

特定入所者介護サービス費が受けられる条件は、以下ご説明していきます。

 

スポンサーリンク


特定入所者介護サービス費が適応される条件とは

特定入所者介護サービス費は、誰もが受け取れるものではありません。

その条件を以下に列挙します。

  • 住民税が非課税であること
  • 配偶者も非課税であること(世帯分離をしている場合でも同様に、配偶者も非課税であること)
  • 預貯金が、単身者の場合1,000万円以下、夫婦の場合2,000万円以下であること

以上が、条件になります。

要するに、貯金があまりなく、配偶者も含めて住民税が非課税であれば、受けられる可能性があるということです。

 

ちなみに、軽減の対象となる施設は、

  • 特別養護老人ホーム
  • 老人保健施設
  • 介護療養型医療施設
  • ショートステイ

です。

上記施設への入所を考えているけど、お金の心配があるという方は、一度、市役所に相談に行かれることをおすすめします。

 

施設のことと一緒に考えたい、お葬式のこと

親に介護が必要になり、施設のことを検討するようになったとき、考えておいてほしいことがあります。

それは、お葬式のことです。

施設のことを考えるのは、もちろん大切です。

その先には、お葬式が必要になる日が来ることも、考えておかなければなりません。

 

施設入所に多額のお金がかかることは、すでにご説明した通りですが、お葬式にもお金はかかります。

全国平均で200万円とも言われる、お葬式の費用です。

それを誰が出すのかということは、大きな問題となるでしょう。

 

親が亡くなったあと、兄弟でお金のもめ事になるのは、避けたいです。

ですから、親がまだしっかりしているうちに、一度お葬式のことについても話しておくと良いです。

事前にお葬式について話しておくことで、お葬式のスタイルや規模がある程度、想像できるようになります。

それが分かれば、必要な金額も想定がつきます。

 

何も準備しないまま、お葬式を迎えると、葬儀社の言われるままにことは進みます。

そして、さまざまなオプションがつけられ、終わってみれば、多額の請求書が届く。

というケースもあります。

事前に話し合っておくことで、必要なもの、いらないものを考えられるので、焦って決めることがなく、

葬儀社の言いなりにならずに、お葬式の準備を進めることができます。

 

しかし、いざお葬式のことについて話をしようと思うと、なかなか切り出しづらいこともあると思います。

そんな時には、葬儀社から無料で送られてくる資料を使うと良いです。

 

こちらの葬儀社の資料には、エンディングノートがおまけでついてきます。

エンディングノートとは、人生の最期を迎えるにあたり、残される家族が困らないように、自分の希望や必要な情報を書いておくものです。

 

施設入所を検討するときに、

「何かあったときのために書いておこう」

と、一緒にエンディングノートを書いてみると良いでしょう。

エンディングノートの中には、お葬式のやり方についての欄も設けられています。

そのときに、葬儀社の葬儀プランを見比べながら、どのくらいの費用が必要になるのかを一緒に考えてみましょう。

親世代は自分の葬式代は用意しているという人も多いです。

もし親が、葬儀代を用意しているのであれば、どこにあるのか聞いておくと良いです。

用意していないのであれば、どこから出すのか、家族会議をして、身の丈にあったお葬式を選択できるでしょう。

 

資料請求は無料ですので、こちらから資料請求をして、お葬式のことを話題にあげる材料にしてください。

本当に必要なものだけにしぼったシンプルなお葬式

 

まとめ

老人ホームの費用を払えないときに、大きな助けとなってくれる特定入所者介護サービス費について解説してきました。

特定入所者介護サービス費を受給できれば、費用を大きく軽減することができ、経済的な負担が少なくなります。

ただ、受給には条件があります。

自分の親が受給できるのかどうかよくわからないと思われる方は、一度市役所などに相談にいってみると良いでしょう。

介護は長くなることもあります。

使える社会資源はしっかり使って、親のサポートをしていきましょう。

スポンサーリンク