親の死が近いと思ったらやっておくべきこととは

スポンサーリンク

残念なことですが、誰にでも死は訪れます。

あなたのご両親に死が近づいていると思ったときに、何ができるでしょうか。

意思の疎通がとれるうちに希望を聞いておかないと、後悔だけが残ってしまいます。

親の死が近い やっておくこと

例えば、こんな例があります。

年老いた母親が末期癌で、余命いくばくもないと医師に告げられていました。

母親の病状は徐々に悪化していき、意思の疎通もうまくとれないようになっていきました。

そんなときに、延命治療をどうするかと医師から問われました。

 

その家族は「する」「しない」のどちらかを選ばねばなりません。

もちろん大切な家族には、少しでも長生きしてもらいたいと思うでしょう。

しかし、それが母親の苦しみにつながってしまう可能性もあると思うと、家族はその判断に苦しみます。

 

そんなときに事前に母親の希望を聞いておけば、どちらを選ぶにしても負担が少なくなります。

当たり前のことですが、親の命は親のものです。

本人の意思を尊重するためにも、話し合っておくことが大切です。

このように親の死が近いと感じたときに、話し合っておいた方が良いのは延命治療だけではありません。

食べておきたいもの、行きたいところ、遺産のこと、そしてお葬式のことなども話し合っておくべきです。

 

なかには聞きにくいこともああると思いますが、食べたいこと、行きたいところの希望をかなえてあげることは、とても良い親孝行になるでしょう。

親孝行をしながら、亡くなるときのこと、亡くなった後のことを一緒に聞いてみましょう。

 

今回は、親の死が近いと感じたときにやっておくべきことを解説していきます。

 

スポンサーリンク


親の死が近いと感じたら聞いておくべきこと

冒頭でお伝えしてきたように、親の死が近いと感じたときに聞いておくべきことはいろいろとあります。

しかし、いきなり延命治療はどうする?とか、遺言書を作ってるの?ということは聞きにくいですよね。

聞かれる方もびっくりしてしまいます。

 

そこで、まずは趣味や余暇活動などの楽しいことから話題に挙げていくと、違和感なく話を進めやすいです。

親の死が近いと感じたらやっておくこと

具体的には、

  • 旅行したいところ、行きたいころがあるか
  • 食べたいものはあるか
  • 会いたい人がいるか

といったところから聞いていくと良いでしょう。

それが実現可能なものであれば、早いうちに実行に移してあげましょう。

親は1日1日と歳をとっていきますから、いつか、いつかと先延ばしにすると、いつかは来ないかもしれません。

 

その次に聞いておきたいのは、家のことです。

親世代は持ち家の人が多いです。

親の亡くなったあと、その家自体をどうするかということも当然ですが、亡くなるまでに処分しておきたいもの、反対に残しておいて欲しいものなども聞いておきましょう。

両親の亡くなったあとに家が残るのであれば、それは誰のものになるのかということも家族全員で話し合っておくべきです。

 

スポンサーリンク


延命治療についても話し合おう

延命治療とは、少しでも命を永らえるための医療です。

現代の医療はとても発達しているため、さまざまな医療機器を使って命の火が消えないようにすることができます。

ただし、良いことばかりではありません。

延命とはいえ、何本もの管につながれてベッドに横たわっている姿には、否定的な感情を抱く人も少なくないです。

事実、自分のときは延命治療をしないでほしい、という意思を家族に伝える高齢者が増えてきています。

だからこそ、親自身は延命治療についてどうのように考えているのか、家族で話し合っておくべきです。

それは、病状が末期になり最期が近づいてきたときに、どこで亡くなりたいかを確認することにも言えます。

 

こういった話は切り出しにくいです。

病状が深刻であればあるほど話しにくいのですが、それでも聞いておかないと後悔はずっと残ります。

延命治療を「する」と選択しても、苦しんでいる姿を見れば本当にこれで良かったのかと思うでしょう。

反対に延命治療を「しない」と選択しても、亡くなったあとにこれで良かったのかと悩みます。

親の死が近い 話しておくこと

亡くなる場所についても、病院が良いのか自宅が良いのか聞いておかないと、あとあと悩みます。

 

そのときに本人の「こうしたい」という意思を聞いていれば、精神的な負担がすくなりますし、親自身も本望の最期を遂げることができます。

 

このような切り出しにくい話をするときにおすすめの方法があります。

それは、お葬式の話からしてみることです。

なぜ、お葬式の話題から入ると良いのか、以下に具体的に説明していきます。

 

人生の最期、お葬式について

延命治療や最期に亡くなる場所についての話を切り出すときは、お葬式の話からするとよいです。

例えば、まず遺影について話してみると良いです。

親が亡くなるまで遺影について話をしていないと、亡くなってから大慌てすることがあります。

遺影に使える写真はある程度の大きさが必要ですし、その中からいい表情をしている写真を見つけるのは、結構大変です。

また、遺影は亡くなる方が葬式の参列者に見せる最後の表情です。

本人の納得のいく1枚にしてあげたいものです。

 

そこで、事前に遺影に使いたい写真があるかどうかを聞いてみましょう。

もしなければ、一緒に探してみたり、写真館に撮影に行くのも良いかもしれません。

お葬式は、いつかは必ず行わなければなりません。

そのときに、良い写真を使えるように一緒に選んでみましょう。

 

遺影の写真の話をした後であれば、

  • お葬式に呼びたい人は誰かいるか
  • 一般葬や家族葬など葬儀のスタイルはどんなものがよいか
  • 葬儀の費用はどれくらいにするか
  • どこの葬儀社がよいか

といった話をするのにも抵抗が少なくなります。

そのときに、予算など具体的な話を進めやすくするために、葬儀社の資料を使って話をすることをおすすめします。

インターネットで無料の資料請求ができるので、そちらを使いましょう。

 

そうしてお葬式の話をした後には、食べたいもの、行きたいところ、会いたい人がいるか、そして延命治療はどうするかといった話もしましょう。

こうした話をしっかりしておくことが、両親のためにも残される家族のためにも大切です。

 

まとめ

親の死が近いと思ったらやっておくべきことについて、お伝えしてきました。

「孝行したい時には親はなし」とよく言われますが、実際に急に人は亡くなります。

それは、あなたのご両親も例外ではありません。

親の死が近いと感じたのであれば今すぐに、そうでなくとも早いうちに今回の記事を参考にして話をしてみてください。

まずはお葬式の資料請求からどうぞ。

 

スポンサーリンク