親の預金を銀行口座から引き出す方法 親が引き出せなくなったら

スポンサーリンク

認知症などが原因で親との意思疎通が難しくなり、

銀行のお金が引き出せず困っている、という方は多いのではないでしょうか。

認知症持病が悪化して病院に入院したり、施設に入ったりするとお金がかかります。

たとえ自宅にいたとしても、生活費がかかります。

 

認知症の親に金銭管理を任せるのは、さまざまな危険が伴います。

ですから、もし認知症になったり、病気で入院するようになったときには、親の銀行口座であっても、子どもが管理した方が安全でしょう。

 

親が病気がちになっているような方は、万一のことを考えて、通帳と印鑑の場所は親から聞いているという人も多いと思います。

 

しかし、本人以外が銀行に行くと、通帳と印鑑だけではお金を引き出すことはできません。

「委任状」が必要になるのです。

親がしっかりとしていれば、委任状を書いてもらうこともできますが、認知症や病気で意思疎通が難しい状態では、それもできないでしょう。

 

この場合、親のお金を引き出すのに必要なのはキャッシュカードと暗証番号です。

キャッシュカードは通帳と一緒にしていたり、財布の中に入っていたりしてなんとか見つけ出すことができるかもしれません。

ですが、暗証番号は基本的に本人しか知らないものです。

ですから、認知症になって思い出せなくなってしまったり、重病で会話もままならない状態だと、聞き出せないかもしれません。

 

暗証番号がわからない、委任状も書けないとなると、親の口座からお金をおろすのは大変になります。

 

ですが、方法がないわけではありません。

そこで今回は、親が認知症や病気で自分の預金をおろせないという状況のあなたに、どのような対処法があるのか解説していきます。

 

スポンサーリンク


暗証番号がわからないときに利用できる制度 成年後見人

冒頭でもお伝えした通り、暗証番号を聞いたり委任状を書いてもらうなど、

事前に準備する時間がなく、親と意思疎通がとれなくなったという方は多いです。

 

こういった方には、成年後見制度【せいねんこうけんせいど】が役立ちます。

これは家庭裁判所が、判断力の亡くなった人を援助する人を選び、その人を保護する制度です。

 

裁判所に行くというとびっくりされるかもしれませんが、法律に関わることを扱うようになるのでこのようになっています。

家庭裁判所から後見人に選ばれれば、財産の管理だけでなく、不動産の管理も任せてもらえるようになります。

これによって、もし親が施設に入所するようになったときには、実家を処分するといったこともできます。

 

ちなみに後見人となれるのは、親族弁護士などの専門家です。

申請して家庭裁判所からの判定が出るまでに、2か月〜4か月程度かかるとされています。

結構長いですね。

これは親の状況を見るために時間がかかるので、仕方ないところでしょう。

 

申請する費用は実費で6万円〜11万円程度かかります。

それに加えて、弁護士などに申請を依頼すると20万円程度はかかります。

合計すると30万円前後の費用が必要ということです。

 

時間もお金も結構かかってしまうのです。

親 預金口座 引き出すには

 

他に方法はないの?

と思われた方は、以下の方法を検討してみても良いかもしれません。

 

スポンサーリンク


成年後見人にならずお金を引き出す方法

成年後見制度を利用するのが、親の口座からお金をおろす一番の方法かもしれません。

しかし、これには時間もお金もかかってしまいます。

 

成年後見人にならずに親のお金を引き出す方法は、

銀行に直談判することです。

 

親の口座のある銀行に行き、今の苦しい状況を伝えてなんとかお金をおろさせてもらうという方法です。

この方法は、うまくいかない可能性も十分にあるものです。

その点を承知した上で、以下を読み進めてください。

 

銀行はいくら子どもとはいえ、口座の名義本人ではない人にお金をおろすということは通常ありえないからです。

これはそれぞれの銀行の判断によって、どのような結果になるかが変わってくるでしょう。

ですから、一度不審に思われたら、その後もお金が下ろせなくなってしまうかもしれません。

しっかりと準備をしてから、銀行に出向くようにしましょう。

 

では、どのような準備が必要かお伝えします。

まず絶対に必要なのは、

銀行の通帳と届出印です。

これがなくては話が進みませんから当然ですね。

 

次に親がお金を引き出せないことを証明するものです。

銀行の人は、あなたが嘘をついているのか本当のことを言っているのかわかりません。

ですから、本当のことだと証明できる書類などを持って行きましょう。

病院の診断書や要介護認定書などが適しているでしょう。

可能なら、主治医から一筆書いてもらっておくと効果的かもしれません。

 

次に必要なのは、親子関係がわかる書類です。

これも銀行員は書類などがなければ確認できないことですから、必ず準備しましょう。

戸籍謄本などが適しているでしょう。

 

最後に、どのくらいのお金が何のために必要なのかをまとめておきます。

例えば、入院費用や施設での生活費、亡くなってしまったときのためのお葬式の費用などです。

なるべく詳細にまとめておくと、必要な額に信ぴょう性が出るので、できるだけ詳しく作っておきましょう。

 

これらをそろえて、親の口座がある銀行に行きます。

このとき、口座のある支店に必ず行くようにしましょう。

支店が違うと、支店どうしのやりとりが入ってくるため、話がややこしくなりやすいので注意が必要です。

 

銀行では事情をていねいに説明しましょう。

銀行には無理をいう形になります。

ですから、この方法でダメであっても決して怒鳴り散らしてはいけません。

いくら子どもとはいえ、親の口座からお金をおろすというのは、本来はできないことです。

それを承知して、銀行にお願いしてみましょう。

 

※なお、この方法では引き出せないこともあるので、そのことを十分に承知しておいてください。

もしこの方法を実行してうまくいかなかったとしても、当方では責任を負いかねます。

 

親が元気なうちに聞いておくべきこと、やっておくべきこと

ここまで認知症や病気になった親の口座から、お金を引き出す方法について解説してきました。

成年後見制度を利用することや、銀行に直談判する方法をご紹介しました。

 

ですが、一番は元気なうちに老後のお金のことについて家族で話し合っておくことです。

親 預金 話し合い

そのときに、もしものときのために銀行口座の暗証番号を聞いておいたり定期預金は解約してもらっておくことです。

定期預金は解約するのに、さらに面倒な手続きを踏まなければならないからです。

その他の資産についても話をしておくと良いでしょう。

 

残念なことですが、親は急に病気になり、意思疎通がとれなくなることもあります。

そのときに、お金の不安だけでも解消できていれば、親の看病や介護に集中することができます。

 

徐々に進行していく病気でも、病気の親を目の前にしてお金の話は生々しくて話しづらいものです。

あとになって、あのとき聞いておけば…

後悔することがないようにしましょう。

 

 

とはいうものの、なかなか話しにくい内容というところが本音ではないでしょうか。

そのままズルズルと行ってしまわないように、お金のことを話題にあげる良い方法をご紹介しておきます。

 

その方法とは、

お葬式の話から始めることです。

お葬式の話なんてかえって話しにくいんじゃない?

と思われるでしょうか。

 

しかし、人は自分が病気や認知症で意思疎通がとれなくない状態になるとは思ってもいませんが、

いつか亡くなるということは認識しています。

それも、ある程度の年齢に達した人であれば、「そろそろお迎えかなぁ」と案外強く意識しています。

 

ですから、子どもと葬式のことについて話しておきたいなと思っている人は多いです。

例えばよく聞くこととしては、

遺影の写真はこれを使って欲しいという希望があったり、

この人にはとてもお世話になったから、葬儀に呼んで欲しいとか、

こんな形式の葬儀にして欲しい

などの希望です。

 

ですから、お葬式の話題をこちらからしてあげることは、親からするとありがたいものです。

少しはびっくりされることもあるかもしれませんが、子どもの気持ちを察して話を聞いてくれることでしょう。

 

お葬式の話を切り出すには、ポイントがあります。

それは、親が元気なうちに話しておくことです。

 

お葬式の話を死期が近づいた時にしようとすると、どうしても話しにくくなります。

お葬式をすぐ目の前のこととして感じるからです。

 

元気なうちであれば、まだまだ先のことだと思うけど、

と、少し冗談っぽく話すこともできるでしょう。

 

そうして、お葬式のことを話題にした後ならば、聞きにくいお金のことも、

「もしも病気で意識がなくなったときのために、銀行の暗証番号とかも聞いておいたほうがいいよね」

話題にあげやすいでしょう。

 

それと同時に、普段は話しにくい延命治療のことなども聞いておくと良いでしょう。

「もしこんな状態になったら、延命処置をして欲しい?」

と例をあげて聞くと、親も答えてくれやすいと思います。

 

延命治療をするしないを判断する時は、親は意識がなくなっていることも多いです。

すると、判断するのはあなたかもしれません。

事前に親と延命治療について話していれば、

「親本人ならなんて答えていたんだろう」

と頭を悩ませたり、選択したことに後悔することが少なくなるでしょう。

 

 

親がある程度の年齢に達している人は、お葬式の話から始めてみてはいかがでしょうか。

お葬式の話をするときには、葬儀社の資料請求をしてからの方が、何を話したら良いのか具体的になるのでオススメです。

資料請求は無料ですので、こちらからどうぞ。

本当に必要なものだけにしぼったシンプルなお葬式

 

まとめ

認知症や病気で意思疎通ができなくなった親の預金を、銀行口座から引き出す方法について解説してきました。

上記の方法は私が個人的に調べたものです。

他の方法があるのかもしれませんので、ご自分で詳しく調べてみてください。

なお、この方法をとられてトラブルが発生しても当方では責任を取ることができませんので、自己責任でお願いします。

 

いづれにしても元気なうちから、もしものときのことについて話し合っておくことが大切です。

まずは、お葬式の話題から始めてみてください。

スポンサーリンク