親が亡くなったらどんな手続きが必要か解説!

スポンサーリンク

残念なことですが、親の死は急に訪れます。

そのときを何の準備もなく迎えてしまうと大慌てで対応せねばならず、大切な家族との別れを悲しむ間もなく過ぎてしまうかもしれません。

そんなことになるのは避けたいものです。

親が亡くなったら 手続き

死亡時に必要な手続きで、真っ先に行わないといけないのは死亡届死体の火葬・埋葬許可申請書の提出です。

その次に年金関連、健康保険関連、住民登録関連の手続きを行わなければなりません。

結構たいへんです。

しかし、これらの手続きのうち死亡届死体の火葬・埋葬許可申請書の提出に関しては、葬儀社が代行してくれることもあります。

それ以外の年金関連、国民健康保険関連、住民登録関連などの手続きは、子どもや残された家族が役所などに出向き行う必要があります。

 

このように自分たちで行わなければならない手続きと、葬儀社に頼れる手続きにどのようなものがあるのか、ご存じない方も多いと思います。

こういったことを知らないままに親の死に直面すると、パニックになる方も多いです。

 

そこで今回は、親が亡くなったとき具体的にどのような手続きが必要なのか、頼れる葬儀社の見つけ方も交えながら解説していきます。

 

スポンサーリンク


親が亡くなったとき家族がやるべき手続き

冒頭でもお伝えした通り、葬儀社に頼れる手続きもある一方で、残された家族が行わなければならない手続きも多いです。

具体的には

  • 年金関連
  • 健康保険関連
  • 住民登録関係
  • 生命保険の手続き
  • 各種名義変更・解約
  • 免許証などの返納
  • 相続人の調査

などなどが必要となります。

これらのうち、亡くなったあとにすぐに手続きしなければならないのは、年金関連、健康保険関連、住民登録関連です。

 

年金関連

故人が年金を受給されていた方の場合、まずやらなければならないのは年金の受給停止と未支給の年金を受給する手続きです。

ニュースなどで亡くなった方の年金の受給停止をせず、不正に受給していたということが報道されることがありますが、こういったことにならないように、すみやかに手続きしましょう。

 

年金に関しては、遺族が受給できる年金や一時金があるかどうかを確認することも大切です。

現在の年金制度は、複雑で細かい条件があります。

ここでの詳しい説明は割愛させていただきますので、詳しくはお近くの年金事務所ねんきんダイヤルへお問い合わせください。

 

健康保険関連

故人が健康保険の被保険者(健康保険を利用できる人のこと)の場合、その健康保険証を返却しなければなりません。

その時に、亡くなった方の扶養に入って健康保険証をもらっていた人は、一緒に返却しなければなりません。

その後は、他の家族の扶養になるか自分で国民年金に加入する必要があります。

ちなみに、健康保険に加入されていた方が亡くなった場合、葬祭費もしくは埋葬費が支給されますので、合わせて申請しましょう。

 

住民登録関係

亡くなった方が世帯主で、残された世帯員が2人以上の場合、世帯主変更届を提出しなければなりません。

これは残された世帯員が2人以上の場合必要な手続きですから、残される世帯員が1人の場合は必要ありません。

また、残される世帯員が妻と小さい子どもというように、明らかに世帯主がわかる場合にも必要ありません。

このあたりは、役所で必要かどうかを直接聞いてみるのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク


親が亡くなったとき葬儀社に代行してもらえる手続き

ここまでお伝えした通り、残された家族は多くの手続きをこなしていかなければなりません。

しかし、葬儀社が手助けしてくれる手続きもあります。

それは、亡くなったときにまず始めに必要な死亡届です。

死亡届を作るためには、臨終に立ち会った医師に死亡診断書を書いてもらう必要があります。

そして、死亡届を提出するのと同時に死体の火葬・埋葬許可申請書も提出しなければなりません。

 

これらの手続きは、葬儀社の方が代行で行ってくれることが多いです。

葬儀社の方はこれらの手続きに慣れているので、指示通りに動いていけば問題なくできると思います。

親が亡くなるとただでさえ慌ててしまいます。

そんなとき、手助けしてくれる葬儀社がいるととても助かります。

親が亡くなったらお葬式手続き

そこで大切なのが、頼れる葬儀社を事前に見つけておくことです。

 

頼れる葬儀社の見つけかた

事情により前後することはありますが、一般的には亡くなった翌日に通夜、そしてその翌日にお葬式を行うことが多いです。

亡くなったその瞬間から、上記の手続きや通夜、お葬式の準備をこなしていかなければなりません。

かなりあわただしく動かなければならないことがお分かりになると思います。

 

そんなときに、段取りよくことが運ぶように手助けしてくれるのが葬儀社です。

事前に何も準備をしていないと、葬儀社の手配も適当になってしまうことが多々あります。

そうして選んだ葬儀社と契約すると、葬式の内容にむやみにオプションを加えられて高額を請求されたり、満足のいくサービスが受けられなかったりするトラブルになりやすいです。

 

こういったことを防ぐために、ある程度の年齢に達したご両親がいる方は葬儀社の検討を行っておくべきです。

最近はインターネットを通して、全国の葬儀社を比較することができます。

インターネットを通して営業をしている葬儀社では、追加費用不要の定額サービスをうたっているところが多くありますので、まずは無料の資料請求をしてそれぞれの葬儀社を比べてみるとよいでしょう。

 

まとめ

親が亡くなったらどんな手続きが必要か解説してきました。

亡くなったあとには、さまざまな手続きが必要であることがお分かりいただけたと思います。

親が亡くなって悲しいのに、やらないといけないことばかりで悲しむ暇もないというのでは、あまりにも寂しすぎます。

そんなときに、力になってくれるのが優良な葬儀社です。

どんな手続きをどこでしたらよいのか、葬儀社がアドバイスをくれます。

ぜひ資料請求を行い、今のうちに検討してみてください。

スポンサーリンク