亡くなってからお葬式までの流れ 知っておきたい準備の大切さ

スポンサーリンク

人が亡くなるのは、突然に起こることです。

お葬式を無事にあげて、遺族みんなで送り出してあげられるように、しっかり準備しておくことが大切です。

亡くなってから葬式 流れ

お葬式では、遺族がやらなければならないことがたくさんあります。喪主になるとなおさらです。

 

そして、お葬式のときだけでなく、その準備の段階でも多くのことを決めていかねばなりません。

あわてずにお葬式をあげるには、まず何をやらなければならないのか、リストアップすることが大切です。

何を、どんな流れでやるのか全体像を知って置くだけでも、気持ちに余裕を持って行動することができます。

 

今回は、お葬式の一般的な流れを解説していきます。

いざという時にあわてずに済むように、亡くなってからお葬式までの流れを知っておきましょう。

 

スポンサーリンク


1.亡くなったあと まずは安置先を決める

一昔前は自宅で亡くなる方も多くいましたが、現代では多くの方が病院で亡くなられます。

病院で亡くなったあとには、まずご遺体の安置先を決めなければなりません。

 

このとき、あらかじめ葬儀社を決めていれば、そこに連絡するとすぐに対応してくれます。

もし、葬儀社を決めていないのであれば、病院から葬儀社を紹介されるでしょう。

病院から紹介された葬儀社には、安置先までの搬送のみ依頼するのか、搬送から葬儀まで依頼するのかを事前に伝えておきましょう。

 

亡くなってからお通夜、お葬式まではわずかな時間しかありません。

ある程度の年齢になった親がいるのなら、事前に家族でお葬式のことについて話しておいたほうが、いざという時にあわてずに済みます。

 

スポンサーリンク


2.葬儀社を決める 信頼できる葬儀社と契約を!

事前にお葬式を依頼する葬儀社を決めていない場合は、亡くなってからすぐに葬儀社を決めなければなりません。

このとき、時間がないからといって葬儀社に言われるままに契約書にサインをしていると、あとで思わぬ高額請求が発生することがあるので気をつけましょう。

一番良いのは、事前に葬儀社を見つけておいて、プラン等を検討しておくことです。

 

葬儀社が決まったら、死亡診断書の作成や、遺体をきれいにしてもらうエンバーミング清拭【せいしき】(体をふくこと)などを依頼しましょう。

 

また、お葬式まで時間がかかる場合は、ドライアイスでご遺体が痛まないように保存してもらわなければなりません。

都市部では、亡くなる方が多く火葬の順番待ちも出ているようです。

その場合は、ドラアイス代がかさむことも予想されます。

どのくらい必要になりそうか葬儀社に聞いておきましょう。

 

ここまでのことは、こちらから話さなくても葬儀社の方から聞いてくれることが多いですが、一応もれがないように確認しておきましょう。

 

次に行うのは、葬儀社との打ち合わせです。

  • 通夜やお葬式を行う具体的な日時
  • お葬式の形式を決める
  • 喪主を決める

 

といったことが行われます。

葬儀にかかる費用は、全国平均で200万円ほどと言われています。

亡くなった方が葬儀費用を準備していればよいですが、そうでなければかなり大きな出費となります。

もし、お金の準備ができないようであれば、葬儀社に用意できる金額を伝えて、その中でお葬式を行ってもらうようにしましょう。

 

このように、葬儀社とは短時間のうちに多くのことをやりとりしなければなりません。

きちんと見積書を出してくれるか聞いたことにちゃんと答えてくれるかなど、信頼できる葬儀社と契約しましょう。

 

しかし、信頼できるかどうかをすぐに見極めるのは難しいです。

事前に数社から資料請求をして、信頼でき、希望するプランで行ってくれる葬儀社を見つけておきましょう。

 

最近は生前から葬儀を予約できるところも増えてきていますので、安心です。

 

3.お寺、親戚、知人、友人への連絡

お通夜、お葬式の日時、形式が決まったらお寺親戚や友人へ連絡を取りましょう。(関係が近い人には、葬儀社に連絡するよりも先に連絡した方が良いかもしれません。)

 

お寺が決まっていない場合には、葬儀社があっせんしてくれます。

最近はインターネットでお坊さんを派遣してくれるサービスもありますので、これらの利用も検討してみてもよいでしょう。

 

親戚への連絡は、すぐに連絡先がわかるでしょうから問題ないかもしれませんが、友人、知人への連絡はやっかいになることもあります。

 

まず、どこまでの人に訃報【ふほう】を伝えた方がよいか迷います。

ずっと親しくしてきた人ならお伝えするでしょうが、疎遠になっている人にはどうしようか迷うでしょう。

またそういった方の連絡先も故人しか知らない場合もあり、連絡する手段にも困ります。

 

ここでも、事前にお葬式について話しておき、呼びたい友人、知人のリスト作ってもらっておくことが大切です。

 

お葬式の話はなかなか切り出しにくいかもしれませんが、葬儀社から資料請求をして、それに沿って話していけば話しやすくなります。

まずは資料請求から始めてみてください。

 

4.お通夜から火葬まで

こうして、お通夜、お葬式の日時の決定から、各所への連絡を終えると、いよいよお通夜、お葬式になります。

お通夜はお葬式は、故人がお世話になってきた人との最期の時間です。

よい時間にしてあげたいものです。

 

お通夜が終わると、

  • 葬儀、告別式
  • 火葬
  • お骨あげ
  • かん骨〜初七日法要

と続きます。

一般的に葬儀社が関わってくれるのは、初七日法要までです。

 

亡くなってからの書類上の手続きやお通夜、お葬式の施行については、多くの方が素人です。

それをサポートしてくれるのが葬儀社ですから、滞りなく行うためにも、信頼できる葬儀社と契約しておきたいものです。

まずは3社ほどから資料請求をして、信頼できる葬儀社を選んでおきましょう。

 

まとめ

亡くなってからお葬式までの流れ、日程についてお伝えしてきました。

故人が亡くなって悲しみにくれながらも、お通夜、お葬式の準備はしなければなりません。

故人が家族、親戚、友人、知人と最期のお別れをする場ですから、よいものにしてあげましょう。

そのためには、何度もお伝えしてきたように事前の準備が大切です。

まずは葬儀社から資料請求をして、検討してみてください。

スポンサーリンク