鼻からチューブで栄養を入れることの問題点 胃ろうとの違いは?

スポンサーリンク

人工的に栄養を補給するための方法として、経鼻経管栄養【けいびけいかんえいよう】というものがあります。

これは鼻から胃までチューブを入れて、そのチューブを通して栄養を送り、体に栄養を補給する方法です。

チューブを使って人工的に栄養を与える方法には、このほかに胃に直接穴をあけるものもあります。

これを胃ろうと呼びます。

このような鼻や胃へのチューブで栄養を与える方法を、まとめて経管栄養【けいかんえいよう】といいます。

 

人工的な栄養の補給方法には、経管栄養のほかに末梢静脈栄養や中心静脈栄養など、点滴によって行われるものもあります。

 

このように人工的に栄養を与えるのは、

  • 体に麻痺がある
  • 認知症で食事が食べられなくなった
  • 誤嚥性肺炎の危険がある
  • 腸の病気

などが原因としてあげられます。

 

この人工的な栄養補給の方法には、賛否両論あります。

病気の人に栄養を与えるだけなのになぜ、賛否が分かれるのでしょうか。

そこには「生きるとはどういうことなのか」という哲学的ともいえる、深い問題が横たわっています。

 

そこで今回は、鼻からチューブで栄養を与える方法の何が問題なのか、そして胃ろうとどのような違いがあるのかについても解説していきます。

 

スポンサーリンク


鼻からチューブで栄養を入れること、胃ろうのメリット、デメリット

鼻からのチューブを入れる栄養補給法のことを経鼻栄養【けいびえいよう】と呼びます。

経鼻栄養は一時的な栄養補給方法として行われる治療法です。

例えば、脳卒中などによって意識を失ったり、麻痺のため食べ物を食べることができなくなったときには、

チューブを使って胃に栄養を送り込むことで、栄養補給をします。

 

点滴で栄養を補給することもできますが、点滴ばかりを使っていると、消化、吸収に関わる臓器が使われず、衰えてしまいます。

チューブで栄養を胃に送り込めば、消化、吸収は自分の内臓が行わないといけません。

ですから、内臓の機能が低下しにくいというメリットがあります。

 

ですが、鼻からチューブを入れていると、のどに常に違和感があります。

チューブがのどや食道に常にあるのですから、当然です。

鼻からチューブ 胃ろう 違い

また、鼻からチューブがぶら下がっているのですから、見た目もよくありません。

さらに、鼻からのチューブは数週間に1回は入れ替えを行わなければなりません。

チューブを胃まで入れる途中で、間違って気管の方に入ってしまうこともあり、挿入する医師の高度な技術力が必要になります。

鼻からのチューブにはこのようなデメリットがあります。

 

これらのデメリットは胃ろうを使うことによって解消できます。

胃ろうという名前はメディアなどでもとりあげられることが多いので、一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

胃ろうという名前をだすと、「胃ろうだけはやめてほしい」とか、「絶対に胃ろうだけは嫌です」とネガティブなイメージを持つ方が多い現状があります。

 

しかし、チューブで栄養を補給する方法の中で、胃ろうはもっとも優れた方法です。

鼻からのチューブでデメリットととしてあげられたことも、胃ろうなら全て解消します。

胃に直接穴をあけているので、のどの違和感はありませんし、服を着てしまえば胃ろうをしているのかどうかもわかりません。

胃ろうも交換は必要ですが、数ヶ月に1回で良いですし、自宅での交換を行う医師もいるほど比較的簡単な手術ですみます。

 

胃ろうが普及し始めたときには、このようなメリットに注目が集まり、急速に広まっていきました。

今でも毎年20万人ほどが胃ろうを作る手術を受けています。

 

スポンサーリンク


優秀な道具である胃ろう 普及するとともに問題点が浮き彫りに

胃ろうは鼻からのチューブに比べて優秀な道具です。

ところが、胃ろうが普及するとともに別の問題が浮き彫りになってきました。

 

胃ろうによって一時的には栄養状態が改善し、元気になった人も

少したつと、また弱っていくのです。

それは人間だから当たり前のことです。

老化現象が起こっているのです。

普通は人間は年をとって体力が落ちてくると、食が細くなって、

ついには食べられないようになり、枯れるように死んでいくものです。

鼻からチューブ 延命治療 対策

 

しかし、医師は必要なカロリーが摂取できていない、餓死してしまうといって、

胃ろうから食べられなくなった分を補給します。

 

それでも人はだんだんと衰えていき、ついには寝たきり、意思疎通もできない状態となります。

言葉は悪いかもしれませんが、植物状態のようになります。

 

それでも現代の医療は胃ろうを通して、栄養を与え続けます。

最終的には肺炎や臓器不全によって亡くなられる方が多いのですが、植物状態になってまで永らえる生に一体どのような意味があるのでしょうか。

 

このような思いを持っている、胃ろうで亡くなった方の遺族が多くいます。

 

近年になってそれを問題視する声が多くなり、テレビや本でとりあげられることが多くなりました。

 

鼻からチューブ、胃ろうの根本的な問題点とは

メディアを通じて、問題提起が行われたことは良いことだと個人的には思います。

 

しかし同時に、胃ろうは良くないもの、やってはいけないものという短絡的な考えの人が増えているのも事実でしょう。

 

胃ろうについてテレビで見た人が、胃ろうだけはやめてくださいと病院で訴える人が増えたそうです。

「胃ろうはやめて鼻からのチューブにしてください」と話されるそうです。

 

これは結局同じことなのです。

胃に穴を開けているか、鼻からチューブを入れているかの違いだけです。

 

むしろ同じようにチューブで栄養を与えるのであれば、鼻からチューブよりも、胃ろうの方が優れているのです。

ですから、胃ろうという名前だけ聞いて拒否するのはナンセンスです。

 

では、チューブによる栄養そのものを拒否したらよいかというと、それも難しい問題です。

なぜなら、病気になって病院に運ばれたら医師は救命しようとします。

 

このとき、食事を食べられない状態なのであれば、チューブなどで栄養を補給の治療をするのは医師の立場からすれば当然のことでしょう。

栄養がなければからも回復のしようがないのですから。

 

ここまでの話でお伝えしたいのは、鼻からチューブや胃ろうを忌み嫌うのではなく、それらの使い方を考えるべきだということです。

 

鼻からのチューブや胃ろうは命を救ったり、生活の質を上げるために非常に役立つ道具です。

しかし、使い方を間違えると、植物状態の人をたくさん生み出してしまう道具になってしまうのです。

 

この問題の解決策を考えるには、まず日本の医療界にある問題と向き合う必要があります。

 

鼻からのチューブや胃ろうの根本的な問題点は、救命が終わり、生活の質の向上が認められなくなった後にも、使い続けないといけないところにあります。

 

 

栄養を与えないと、人は死んでしまいます。

もし、回復の見込みがないからといて胃ろうからの栄養注入を止めた医師がいたら、もしかすると医師は殺人の罪に問われるかもしれません。

 

日本の法律では、延命治療を始めることはできても、延命治療を終わらせることはできないのです。

実際にはやっている医師もいますが、それはグレーです。

あまり表立って言うことはできません。

 

家族は了承していても、もし誰かが通報したら、警察沙汰になるでしょう。

 

つまり、鼻からチューブの胃ろうの根本的な問題点は、やめたいと思ったときにやめられないという点にあります。

 

どのような対策が必要か

チューブを使って栄養を補給するのは、救命の処置としては有効なものです。

ですが、延命の目的で使用されてしまうとかえって苦しみを生みだしてしまう可能性があります。

 

そして1番の問題点は鼻からのチューブや胃ろうをやめたいと思っても、簡単にはやめられないことです。

日本では、延命治療を始めることはできても、やめるための法整備ができていないからです。

 

ですから一番の解決策は、法律を整備していくことです。

しかし、それには時間がかかりますし、一個人でできる対策ではありません。

 

 

では、私たちはどうすれば良いのでしょうか。

 

まずは家族で話し合っておくことです。

そのとき「胃ろうはとりあえず嫌だ、だから鼻からチューブはなら良い」という的外れな話になってはいけません。

 

そして、話した内容はできれば書面で残しておくと良いです。

どんな風に書けば良いかわからないという方は、日本尊厳死協会の「尊厳死の宣言書」を見てみると良いでしょう。

「尊厳死の宣言書」に法的な拘束力は今のところありませんが、

書面にしておくことで本人が意思疎通できなくなってしまっても、医師などにその思いを伝えることはできます。

 

 

また、胃ろうには積極的には同意しないけど、例えば脳卒中になったときに限っては同意するといった、使用を限定したうえで胃ろうを使うという話になるかもしれません。

人はいつかはなくなるものですから、胃ろうなどによって楽しく過ごせる期間が長ければ長いほど、最後の植物状態が短くすることができます。

ですから、口腔ケアやリハビリをしっかりとやってもらえる状態であれば、胃ろうに同意するなどといったことを家族で話しておくと良いです。

 

胃ろうをする、しないの判断は家族がしなければならない場合が多いです。

それを決めるときには、本人は意思表示ができなくなっていることが多いからです。

こういった話を一度しておくと、判断する家族の負担を少なくすることができます。

 

鼻からチューブ、胃ろうについて話したいとき、どう話しかけるか

鼻からのチューブや胃ろうについて、

「話しておいた方がいい」

とわかっていても、「なかなか切りだしづらい」と思われる方も多いのではないでしょうか。

 

そんなときは、お葬式の話から始めてみてはいかがでしょうか。

お葬式の話なんて、よけいに話しづらいのでは?と思われる方もいるかもしれません。

 

しかし、必要になるかわからない鼻からチューブや胃ろうのことよりも、必ず行わないといけないお葬式のことの方が話しやすいのです。

 

実際に、胃ろうの必要な体になったらどうしようと考える人はあまり多くないですが、

自分のお葬式にかかるお金や遺影を準備している人は意外と多いです。

 

当然のことですが、自分のお葬式は自分ではあげられませんから、家族とお葬式のことを話しておきたいと思っている方は多いです。

ですから、お葬式の話を切り口にして、一緒に延命治療のことについても話すと良いのです。

 

お葬式の話から延命治療の話にスムーズにつなげるには、葬儀社の資料におまけとして付いているエンディングノートを使うと良いです。

こちらの葬儀社は無料で資料請求ができますが、エンディングノートもおまけで付いています。

NHKで紹介されたシンプルなお葬式

 

おまけと言っても、これだけでお金をとっても良いくらいしっかりした作りのものです。

葬儀社のものなので、お葬式のことは当然書いてあり、延命治療のことについてもどのようにしてほしいか選ぶページがあります。

こちらのエンディングノートを使ってお葬式の話をすると、普段の生活の中でも違和感なく胃ろうの話につなげられます。

 

まとめ

鼻からのチューブや胃ろうで栄養を入れることの問題点について解説してきました。

これらの経管栄養は救命治療として始められますが、どこからか延命目的になってしまいます。

そして、「もう経管栄養をやめたい」と思っても簡単にはやめることができません。

一刻も早く法整備が必要ですが、人の命や生きるということに関わる問題なので国家レベルの議論が必要です。

つまり、時間がとてもかかります。

ですから、個人レベルでは将来もし胃ろうが必要になったらどうしてほしいか、家族としっかり話し合っておくことが大切です。

後悔することがないように、お葬式の話から始めてみてください。

エンディングノートがついてる葬儀社の資料請求はこちらからどうぞ。

NHKで紹介されたシンプルなお葬式

スポンサーリンク